アプリゲームは紹介動画を必ずチェック!

posted in: ゲームアプリ - No Comments

手軽にゲームがプレイできる時代になりました。ほんのちょっとの空き時間にも遊べるようなスマホアプリゲームも増えてきましたし、しっかりとやりこむタイプのものも人気になっています。お気に入りのスマホアプリゲームはどのように探していますか?

人気のあるもの、公開前から話題になっているものなどは気になるところでしょう。このとき、それぞれのゲームで公開している公式サイトにアクセスしてみるといいようです。そのわけは、そのゲームがどんな内容のものなのか紹介動画が公開されているからなのです。

静止画ではなかなか分かりにくいことでも、動画ならばゲームをプレイしている映像そのものが公開されている場合が多いので、実際プレイするとどんな雰囲気なのかが手に取るように分かると評判になっています。実際にキャラクターなどの動きが見れる、使われているBGMや効果音が自分好みだ、操作方法も解説しているので初心者にも分かりやすい、などメリットが多いようです。

初めてプレイするアプリゲーム。プレイする前に紹介動画をチェックして、本当に自分の理想とするタイプなのか、逆に自分が思ってたより何倍も面白そうだ、など色々な感想が聞こえてきますので、紹介動画をお見逃しなく。

もしもの時、頼れる弁護士さんを知ってますか?

posted in: 未分類 - No Comments

もう「まさか」なんて思わなくなってしまった交通事故。
軽い接触事故を含めると毎日あちこちで起こっているので、自分自身や家族が被害に遭ったとしても、それほど驚かないような気がします。

でも実際、交通事故に遭ったらどうなるんだろ?と考えたことはありますか?

命が助かれば、一安心でしょうか。
怪我が軽ければ、なおいいですね。

でも現実には、怪我をすれば治療のための通院や入院が必要となりますし、仕事を長期間休めば、生活に差し障りが出てくるでしょう。

そんな時には慰謝料というものがあります。
でも、必要なだけの金額を払ってもらえるのでしょうか?

じつは、保険会社が提示する慰謝料の金額は、ほとんどの場合、満足できるものじゃないんだそうです。

こちらのサイト「交通事故と慰謝料の悩みを弁護士・司法書士・行政書士が解決!」では、そうした際に起こりがちな事例を分かりやすく挙げて説明しています

私も、初めてみた時はびっくりしましたが、こうしたことは経験してみないと分からないものですね。
でもいざというとき、交通事故の慰謝料に強い法律事務所を知っていれば、すぐに相談できて心強いものです。

そうした事務所も紹介されていますから、お悩みの方は利用されてみてはいかがでしょう。

交通事故の慰謝料と示談金の違いについて

posted in: 未分類 - No Comments

自動車を運転している人は、必ず交通事故と隣り合わせの生活を送ることになります。
あなたが被害者、もしくは加害者になってしまう可能性は決してゼロではありません。

交通事故が起こった際に、よく耳にする”慰謝料”と”示談金”。
どちらも、加害者が被害者に対して支払われるお金のことですが、この2つの明確な違いをご存知でしょうか?

一般的に、交通事故の慰謝料は、事故によって、相手が精神的な苦痛を受けたことに対し、支払うもので、自賠責保険や加入している任意保険会社によって基準が設けられており、ある程度の相場があります。
離婚の時に支払う慰謝料の場合は、金額を自由に設定できますが、交通事故の場合は事故内容によって相場が決まっているということになります。

そして、自賠責保険で支払われる慰謝料には限度額があるので、任意保険で不足している分を補うという形で慰謝料を支払います。

一方、示談金は、慰謝料、事故が原因で仕事を休んだことによる生活補償金、怪我の治療費など、全てまとめたものをいいます。本来は、自賠責保険や任意保険会社を通さず、加害者と被害者同士で話し合い、双方が納得できる金額を決めて授受を行うものですが、示談交渉はトラブルが発生しやすいため、最近では加害者が保険会社の担当を通し、お金を支払うケースがほとんどのようです。

自己破産という債務整理とは

posted in: 未分類 - No Comments

人は様々な理由により多かれ少なかれ、借金をする場合があります。マイホームやマイカー購入のためのローン。家電品や家具などの商品クレジット。また、遊興費のための借り入れなども借金になります。その借金を重ねていくと借金が大きく膨らみ、支払い能力を超えたものとなり、このままの状態だと返済ができない状態に陥ってしまいます。

これを解決する方法として債務整理があります。債務整理とは自分が持っている借金(債務)を整理していくことです。その債務整理にはいくつかの方法があります。例えば自己破産は一つの債務整理の手段ということになるのです。自己破産は借金を全て処分できることです。カンタンにいうと今ある借金が全てチャラにできるのです。とても自分にとっては有利な方法にも見えますが、その手続きには煩雑なものを必要とし、支払い不能という判断を裁判所が決定して初めて免責されます。ましてや自分でするとなると大変な労力でしょう。
自己破産は全ての借金を整理することになるので、自分が持っている財産も処分して弁済に充てる必要があります。マイカーなど一定の価値があるものは処分の対象となります。

この自己破産をするためには債務者(借金をした人)が裁判所へ債務整理の申し立てをする必要があります。これには個人ですることも可能ですが、債権者(お金を貸した人)との交渉や手続きなどの問題で相当な労力を必要とします。債権者側からの返還請求訴訟などがあった場合などは到底個人では難しいと思います。なのでここは専門の弁護士や司法書士などに依頼されて自己破産の手続きをされる方が無難でしょう。そちらの方法が早期解決に繋がるのでぜひおすすめします。

交通事故の慰謝料の相場(自賠責法について)

posted in: 未分類 - No Comments

交通事故を起こしてしまった!
これは誰にでも起こりうることですよね。
車を運転する人は特に、交通事故を起こす可能性は高いです。
ちょっと集中が切れて追突してしまった、少しよそ見をしてしまった、ブレーキを踏むのが遅れてしまった…
いろいろな理由があると思います。
しかし、起こしてしまったものはしょうがありません。
そこから、警察を呼んだり被害者の方や保険会社と話し合いをしたり…
やることはたくさんあります。

そこで気になるのが、慰謝料について。
被害者の方がもしかしたらケガをしているかもしれませんよね。
そのときに慰謝料を支払うことになります。

では、交通事故を起こしたときの慰謝料。
支払う相場がいくらくらいか知っていますか?

実は慰謝料とは本来思うままの金額でOKなのです。
だからといって、ケガをして精神的にも辛いから1億円ね!なんてことは…
常識的にあり得ませんよね。

なので法律で一応相場が決められています。
まず車を運転している人は自賠責保険という保険に強制加入をしていると思います。
この自賠責保険では1日あたり4200円と決まっています。
これに治療期間分の慰謝料をプラスした総額が支払われることになります。
治療期間とは「入院期間+通院期間」か「実通院日数×2」の、どちらか日数の少ない方を採用しています。

詳しい計算方法はインターネットなどで調べてもらうとすぐにわかると思います。
このように、常識外な慰謝料を請求されないように、一応決まっているということを理解しておくと、万が一のときも焦らずに手続きができると思います。
ちなみに自賠責保険の場合、120万円までと上限が決まっています。
これを越したときは任意保険を利用するか自腹で慰謝料を負担することになります。

交通事故の慰謝料について、自賠責法のことを少し紹介しました。